無担保で融資してくれる消費者金融

無担保で融資してくれる消費者金融

Category : 消費者金融

senkyo

 

消費者金融とは、信用を担保として消費者に融資を行うサービスのことで、広い意味では銀行等が行っている住宅資金融資なども含みますが、一般的には貸金業者による消費者への小口の無担保融資を指します。消費者金融各社では、融資をする際受付から審査、契約までの手順や融資対 象者の資格要件を厳格に定めて、適正与信の実行を徹底しています。

融資の申込みをする場合、自動契約機の他店頭や電話、郵送、インターネットなどの方法が あります。自動契約機の場合、受付担当者と直接対面することなく、利用者がパネルなどで操作して契約を行いますが、通信回線で有人受付センターとつながっ ており、担当者は利用者の映像を見ている状態で与信審査を行います。

消費者金融で は、利息は日割り計算されており、最小支払額以上であればいつでも追加返済することができます。消費者金融は、財務局や知事へ申請し登録番号をもらうこと が法律で定められているため、契約の際は、貸金業者の貸金業者登録が提示されているか、さらにはJCFA会員であるかの表示物を確認することが大切です。

また契約書をよく読み、借入金額や利率、期間、返済方法等を十分に確かめることが重要であり、不明な点に関しては納得のいく説明を受けることが大切です。その他白紙委任状や使用目的がわからない書類、年金受給者証、クレジットカードなどは渡さないことや、借入時の契約書の写しや返済時の領収書などは保管しておくなど、トラブルに備えて対応することも必要です。

 

 

浪費癖から消費者金融で借金。ブラックリスト入り後に審査の甘い会社で融資を受けた話

  • 浪費癖がある私は長いこと消費者金融のお世話になっていました。しかし度重なる返済遅延からブラックリスト入り。どこも審査を通してくれなくなりました。私は地元の消費者金融、アローに最後の望みを託しました。
  • 【体験者の情報】
  • 性別:男
  • 職業:無職
  • 年齢:32歳
  • 借入額:50万円(現在の総額)
  • 借入先(業者):アロー

浪費癖が仇となり借金生活スタート

私は浪費癖をもっています。正直自分でも「病気なのかもしれない」と思ってしまうほど、お金を使うペースが分からないのです。これは小さいときからでした。1ヶ月分のお小遣いをすぐに使ってしまい、結局追加のお小遣いを親にねだっていた覚えがあります。

そんな癖は大人になっても治らず、社会人2年目にして借金生活がスタートしました。最初に借りた消費者金融はもう覚えていません。かなり頻繁に借りていましたが、それなりに「まずいな」という思いはもっていたつもりなので、返済が滞ることはありませんでした。

一度返済できなかったことが命取りに

借金生活が5年目を迎えた時のことでした。既にかなりの額の融資を受けていたのですが、返済が指定日までにできないという事態に陥ってしまいました。給料日まではまだ日数があるのに、お金を使い切ってしまったのです。

「自転車操業だけは避けたい」と思っていたため、他の消費者金融から融資を受けるのは敬遠していました。この時「まあ1回ぐらいなら」という思いが自分の中に芽生え、給料日を迎えてから返済することにしました。これが命取りでした。ここから毎月返済を先延ばしにするようになってしまったのです。これをきっかけに晴れてブラックリスト入り。融資が受けられなくなりました。

真面目に給料だけでやっていこうと思うも

「浪費をやめよう。真面目になろう」と思いました。その時はかなり頑張った方だと思います。融資が受けられないという緊張感から支出は減少。なんと節約までするようになり、なんと1年足らずで全額の返済に成功したのです。あの時は本当にうれしかったです。

しかし返済が終了してからと言うもの、緊張感がなくなり、私はまた浪費をするようになっていきました。そして4カ月後、私はまた借金をしなければならなくなってしまったのです。

しかしブラックリストにのってしまったため今までの消費者金融では融資は受けられません。そこで私は色々と調べてみることにしました。すると挙がったひとつの名前。「アロー」でした。

私は名古屋に住んでいます。アローは全国的にはそれほど知られていませんが、名古屋の消費者金融だそうです。調べたところ、ブラックリストに載ってしまった人でも借り入れが可能とのこと。その分若干金利が高めですが、どうやら実際に借りられたという人も多いようでした。私はアローに融資を頼むことに決めました。

噂は本当だった

思い立ったが吉日と、私はその日アローに申し込みをしました。するとしばらくして、1次審査を通過したとの連絡が入りました。またその電話で必要書類を提示する旨の説明を受けたので、電話を切り、指示に従ってFAXを送りました。

するとまたしばらくして電話がありました。現在の借り入れ状況や、過去の借金について色々きかれましたので、素直に全て話しました。電話の応対がとても親切なのが印象的でした。

結果は審査通過。なんだか大きなことをやり遂げたような感覚になりました(笑)数日後、私は5万円程アローから借り、その月はことなきを得ました。

その後~現在

実はアローから5万円を借り入れて以来、一切消費者金融を利用していません。なんだかお金を借りることに必死になっている自分が、とてもみじめであさましい人間に感じてしまったのです。最近あの時のことを思い出し、あの時アローが審査を通してくれたことは、自分の人生のターニングポイントだったのかも、とふと思いました。